住宅ローン借り換えの方法は?

住宅ローンの借り換えを検討した場合、その目的にあった商品を選ぶことはもちろん、保証料をはじめとした借り換えにかかる費用も念頭に置いて検討しなくてはなりません。
月々の負担を軽減したいとか、総返済額を減らしたい、将来的に金利上昇のリスクを回避したいといった理由から借り換えを行うならば、その目的にあった金融機関を探す必要もあります。

実際に住宅ローンの借り換えを行う方法はというと、新たに住宅ローンを課してくれる金融機関を見つけることになります。
現在の金利よりも有利な金利設定といった条件で探すことになりますが、情報として身近なのは現在借り入れている金融機関かも知れません。
しかし、たとえ現在借り入れている条件よりも有利な住宅ローンがあったとしても、基本的には同一金融機関での借り換えはできません。
変動金利を固定金利に変えないといったケースは例外ですが、より有利な条件での借り入れをかがるとなると、他の金融機関の情報を把握する必要があります。
新たな金融機関による住宅ローン審査というハードルはありますが、手続きとしては新規で住宅ローンを借り入れる金融機関での手続きとなりますので、イメージしているよりもスムーズに手続きは進むはずです。

借り換える住宅ローンの金融機関が決まったら、まずは借り入れ可能かどうか審査を受けます。
借り入れ可能と決まったら、現在の住宅ローンを借り入れている金融機関に対して一括返済の手続きを申し出ます。
借り入れの手続きに関しては新たに借り入れる金融機関の指示に従えば問題ないでしょう。

住宅ローンを上手に借り換えるコツとは?

喜ぶ

住宅ローンの借り換えを検討する人の多くは、月々の負担を少しでも減らすことを目的としているケースが少なくありません。
もちろん総返済額を減らしたいとか、金利上昇のリスクに備えたいといった理由もありますが、住宅ローンを借り換えるメリットとなるのが月々の負担軽減とも言えるでしょう。

住宅ローンの借り換えを検討する目安となるのは、今の住宅ローンとの金利差が1パーセント以上あり、借入残高が10,000万円以上、返済期間が10年上残っている場合とよく言われます。
逆に言えばすでに残債が1,000万円を切っているケースでは、あえて住宅ローンの借り換えを実行せずに、現状のまま続けるか、もしくは手元の資金を活用して繰り上げ返済するほうがメリットもあると言えます。
また金利差が1パーセントまでないケースであっても、借り換えを実行する時に合わせて繰り上げ返済を実行するなどで、総返済額を圧縮できたりする場合もあります。

月々の返済額を軽減することだけが目的であれば、その方法は限られてきますが、総返済額を減らす、もしくは返済年数を少なくするといった目的や、今後のライフプランをより計画に行うためといった目的であれば、変動金利ではなく固定金利の住宅ローンを積極的に選ぶメリットもあります。
長期にわたって返済が続く住宅ローンだけに、目先にとらわれることなく、将来を見据えたライフプラン、計画を立てて実行することが、住宅ローンの借り換えで最大限のメリットを受けられるコツとも言えるでしょう。